記帳代行の料金相場ってどのくらい?掛かる費用を徹底解説!

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/03/28

記帳代行サービスは、出納帳の入力や月次決算報告書の作成など会社のお金に関する分野を入力代行するサービスです。税理士や代行業などが参入している業務ですが、依頼をする場合の料金相場はどの程度なのでしょうか。この記事では記帳代行料金や、活用する際の利点などを中心に解説します。

記帳代行サービスの利用を検討するべきタイミングとは?

利便性が高いことで知られる記帳代行サービスですが、利用を検討すべきタイミングとは一体いつが目安でしょうか。この項では記帳代行を決めるべきポイントを解説します。

まず、記帳代行の最大のメリットは経理関係を「外注」できる点です。大変な経理関係の業務を丸ごと外部へお願いできるため、業務効率の向上が目指せます。

次に挙げる3つの悩みの1つにでも該当していたら、記帳代行サービスを検討してはいかがでしょうか。まず1つ目は「業務量の増加」です。会社全体の業務量が増加しており、経理関係の業務が負担になっている場合は思い切って外注を決めるタイミングかもしれません。経理関係の担当者が元々不在の場合には、外部に依頼することで業務量を減らすことができます。

2つ目は「正確さへの不安」です。会社経営を始めたばかりの場合や、経理担当者が辞めてしまった後などは経理関係をどう行うべきかわからず、正確さに不安を感じるでしょう。記帳代行サービスなら簿記全般に関する知識が豊富なので、安心して依頼できます。

最後は「コストの見直し」です。経理関係は仕分けから支払い管理など膨大な業務量があります。正しい経理を遂行するにあたっては、豊富な知識・人材の確保・会計ソフトなどの導入などが必要です。しかし、一括して外部に委託すればこうした経費は一気に削減できます。企業経営のコストを見直したい場合には、記帳部分に関して外注することも視野に入れることがおすすめです。

こうした3つの悩みに頭を抱えていたら、便利な記帳代行サービスを検討してみましょう。とくに小規模の会社経営で経理部門を明確化していない場合には、人材の教育や雇用の資金を踏まえると委託を選択したほうが、大きなメリットを得られる可能性があります。

記帳代行サービスを活用する利点

記帳代行サービスを活用すると、どのような利点を感じることができるでしょうか。利点は3つ挙げられます。

まず1つ目は「数字の明確化」です。今までなんとなくの感覚で仕分けなどの管理をしていた部分が、プロの視点で帳簿が整うため数字が明確化されます。サービスによっては税理士のサポートも受けられるので、事業全体の数字を見直すきっかけを掴めるのです。

2つ目の利点は「経理の簡略化」です。記帳代行を導入することで、経理業務の一部や全体をアウトソーシングできます。すると、自社が把握すべき経理機能だけを残すことができるので業務を簡略化できるのです。

最後は「法令遵守」です。記帳代行サービスは現在の税制ルールに沿って正しい会計入力や仕分け、報告書の作成を行っています。古い体質の経理事務が残っていると、現在の税制ルールの把握が遅れている可能性が否めません。

しかし、外注化を図ることでしっかりと現在の税制に沿った運用が導入できます。新たに税制などを学び直さなくても委託できるので、会社内のスタッフを教育するコストなども抑えることが可能です。このように記帳代行サービスを活用すると、優れた利点を感じることができるでしょう。

記帳代行サービス利用時にかかる費用の目安

記帳代行サービスの利用を検討する場合、どの程度の費用を想定しておけばよいでしょうか。記帳代行費用は依頼する業務内容によって費用が決まります。メインとなる会計入力作業は仕分け数によって料金が異なっており、仕分け数が少ないと月額の料金が安くなります。

例としてある記帳代行サービス業者の場合は月々の仕分け作業が100仕分け以内なら1万前後の費用が目安となっているようです。1仕分けあたりは数十円~数百円が目安となっているので、依頼を決める際の参考にしてください。なお、仕分け数以外にも月額契約料が発生することも多く、その際の費用の目安は数千円~数万円程度となっています。

業界全体の費用相場を観測すると、記帳代行専門業を謳う業者の場合は、税理士しか扱えない分野は参入できない分、費用は安くなっています。一方の税理士がサポートを行うサービスはやや費用は高めですが、納税申告のサポートなども可能です。税理士を顧問とする場合には顧問料が発生しますが、一方で細かい仕分けに関しては別途の料金を求めない場合もあります。

このように記帳代行の費用は仕分け数だけではなく税理士資格の有無や契約形態によって差異が大きいので、必ず事前に見積もりを取得し確認をするようにしましょう。

 

この記事では記帳代行の費用や活用する際の利点などを紹介しました。とくに導入を決める際には「費用」について気になるでしょう。解説のとおり、税理士資格の有無や依頼する仕分け数によって費用には大きな差異があります。会社の規模や事業資金などによって判断するために、まずは見積もりをしっかり取得し費用の比較を行いましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

税理士への税務相談、みなさんどうしているでしょうか?いろいろなものが今オンラインへ切り替わっているなか、実は税務に関する諸手続もオンラインで可能になってきているのです。オンライン税務にはどん
続きを読む
税務会計や経理などは正しく行う必要があります。しかし、日々の業務を圧迫するほど手間がかかる作業です。そんな時に便利なのが「経理代行」や「記帳代行」といった外部の代行業者への委託です。しかし、
続きを読む
帳簿の作成を代行してくれる便利な記帳代行サービスですが、もしも依頼をする場合、踏まえておくべきデメリットはあるのでしょうか。帳簿を代理で作成してくれる魅力的なサービスである記帳代行について、
続きを読む