年末調整を税理士に依頼したい!気を付けるべきポイントとは

公開日:2024/05/15  最終更新日:2024/02/06


年末調整は毎年必ずおこなうべき作業であり、企業の担当者にとっては負担のかかる業務のひとつといえるかもしれません。年末調整の計算や手続きは難しく、効率的に進めるためには税理士におまかせするのが賢明です。本記事では、年末調整を税理士に依頼することのメリットや費用相場、代行する際の注意点について解説します。

年末調整とは?

年末調整とは、日本の税制において年度末におこなわれる重要な手続きであり、所得税の過不足を精算するための調整プロセスです。主に給与所得者を対象としており、従業員の所得税の調整をおこないます。

一般的に、給与所得者は確定申告をおこなわず、雇用主(会社)が給与から源泉徴収として税金を天引きし、その額を基に年末調整をおこないます。年末調整の主な目的は、従業員が支払うべき所得税や社会保険料などを正確に計算し、適切な金額を源泉徴収することです。

これにより、年度終了時に過不足が生じていた場合に、過剰に徴収された税金を返金したり、不足していた場合には追加で徴収したりするなどして調整をおこないます。

年末調整は、確定申告の手続きを省略する利点がありますが、すべての給与所得者が対象ではありません。

たとえば、複数の雇用者がある場合や特定の所得がある場合などは、年末調整の対象外となり、個別に確定申告が必要です。このため、各個人が自身の所得状況を確認し、適切な手続きの選択が重要です。

年末調整は細かな計算や手続きが必要ですが、適切におこなうことで税務上のトラブルを避け、円滑な給与の取り決めが可能となります。

年末調整を税理士に依頼するメリット

年末調整を税理士に依頼するメリットは多岐にわたり、企業や個人がスムーズかつ効果的に税務を遂行するうえで重要です。

まず第一に、年末調整をミスなくスムーズにおこなえる点があげられます。税理士は専門知識を有し、所得税の計算や所得控除の適用漏れを防ぐための正確な手続きをおこなってくれるでしょう。

次に、税務コンプライアンスの整備があげられます。税理士に依頼することで、適切な計算がおこなわれ、税務調査でも安心感が得られます。これによって、罰金や延滞税などのリスクの回避が可能です。税務関連の法規制や変更にも迅速に対応し、最新の情報を取り入れることができます。

人件費コストの削減もメリットのひとつです。企業が税務業務を自己管理する場合、従業員に追加の負担がかかります。税理士に依頼することで、従業員は本来の業務に専念でき、経営効率の向上が可能です。これにより、人件費コストの削減が実現され、経済的なメリットが生まれます。

さらに、節税アドバイスも大きな魅力です。税理士は税金のプロであり、所得税の計算を正確におこなうだけでなく、クライアントに対して節税に関するアドバイスを提供する可能性があります。法律や制度の変更にも迅速に対応し、最適な節税戦略を提示します。

依頼する場合の費用相場

費用相場として、税理士に年末調整を依頼する場合、基本料金は1万円〜3万円程度が一般的です。従業員1人あたりの料金は2,000円〜3,000円、追加オプション(法定調書や支払調書の作成など)は1万円〜2万円程度がかかります。

ただし、これらの費用は事業規模や従業員数によって異なり、たとえば従業員20名の企業であれば、9万円〜10万円程度が相場とされています。

これらの費用は投資としてとらえ、専門家に依頼することで得られるメリットとのバランスの考慮が重要です。

年末調整を税理士に代行するときの注意点

まず、年末調整には税理士にしかできない業務が存在します。税理士は税務の代理、税務書類の作成、税務相談の3つの独占業務を有しています。

これには年末調整も含まれ、税務書類の作成や税務相談はその中核となる業務です。したがって、これらの業務を税理士以外がおこなうと、税理士法に違反する可能性があります。年末調整を税理士に代行する場合、提出期限から逆算して業務委託先を選定しましょう。年度末に近づくにつれて税務業務の需要が高まり、税理士のスケジュールが混み合うことが予想されます。

そのため、十分な余裕をもって相談や業務の進行を計画することが重要です。早めの段階で税理士に依頼することで、スムーズな年末調整が可能となります。

また、業務委託を検討する際には、信頼性と専門性が求められます。税理士には法律や税制の知識が要求されるため、実績や経験を確認し、信頼できる税理士を選ぶことが大切です。過去の類似案件への対応実績やクライアントの評判の調査で、信頼性を確保できます。

さらに、契約内容や料金体系にも注意が必要です。クリアな契約書を取り交わし、サービス内容や料金について十分な説明を受けることで、後々のトラブルを回避できます。透明性のあるコミュニケーションの確保で、期待値が一致し、円滑な業務進行が期待できます。

まとめ

年末調整を税理士に依頼するメリットは多岐にわたり、スムーズな手続きや効果的な税務遂行が期待できます。税理士は専門知識をもち、所得税計算や控除漏れの防止において高い精度を誇ります。

また、税務コンプライアンスの整備や節税アドバイスなど、安心感と経済的メリットが得られる点も魅力です。年末調整には税理士にしかできない業務があり、業務委託時には信頼性や専門性、契約内容には十分な注意が必要です。提出期限に余裕をもち、適切な税理士を選定しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

税務に関して顧客の相談に乗ってくれるのが税理士事務所です。大宮区周辺の税理士事務所は複数ありますが、どの税理士事務所に相談したらよいのか迷っている方もいるでしょう。 この記事では、大宮区周辺
続きを読む
年末調整は毎年必ずおこなうべき作業であり、企業の担当者にとっては負担のかかる業務のひとつといえるかもしれません。年末調整の計算や手続きは難しく、効率的に進めるためには税理士におまかせするのが
続きを読む
法人税はビジネスに不可欠ですが、その複雑な仕組みに戸惑うこともあります。本記事では、法人税の基本から計算方法まで詳しく解説しましょう。加えて、税理士に相談するメリットも紹介します。ビジネスの
続きを読む